日語文章讀解討論系列『絵のない絵本』第一夜。










のない本』 第一夜


「昨晩」、わたしはお月さまが口にしたままを書いています。
「昨晩、私はインドの雲ひとつない空にいて、私の顔がガンジス河の水面に映し出されていました。私の光は、下の方でまるでカメの甲羅みたいにこんもりしているバナナの太い絡み合う枝のあいだまで照らし出しました。そのこんもりとしているところから、カモシカのように身
でイブのように美しい、一人のインド人の娘が飛び出してきました。
このヒンドゥの娘は立ちすくんでいて、見た目はやかでとても美しく、それでいてまわりの闇からははっきりと目立ちました。彼女の細な表情から、どうしてここにきたかをみ取ることが出ます。下をはう、とげだらけの植物が彼女のサンダルを破りましたが、そんなことには全然かまわず彼女は先へといそぎました。

Q月亮眼中的這女孩是個什樣子的人?有什特徵?


乾きをいやすために河へとやってきたシカは、彼女が手にもえさかる炎をもっていたので、びっくりして飛びのきます。彼女はゆらぐ炎が消えないように手でおおっていましたから、その細い指先には血管がすけてみえました。河のそばまで降りてくると、炎が水面に映りました。映った炎は河の流れにそって流れていきます。
炎は前後に大きくゆらいで、今にも消えてしまいそうでしたが、まだ燃えつづけてしました。少女の
くかがやける瞳は、長いシルクのようなまつげで半分かくれていましたが、真剣なまなざしで河に映った炎を追っています。彼女は知っていました。もし見えている限り炎がもえつづけていれば、彼女のいいなづけはまだ生きているということを。ただもし炎がとつぜん消えてしまえば、彼は死んでしまったと。

Q關於「炎」這段描寫了什「炎」如此重要?


炎はしっかり燃えつづけ、彼女はひざまづき祈りました。すぐわきの草のなかには斑点のある蛇がいましたが、彼女はそんなことはにかけません。彼女が考えていたのは、インドの神といいなづけのことだけでした。「生きてる」彼女はよろこびのあまり叫びました。「生きてるのよ」からはこだまがかえってきます。「生きてるのよ」

Q這是一個關於什
的故事?



 


 


本文章圖片引用自http://www18.ocn.ne.jp/~michi66/enonaiehon1.html

目途
日語讀解學習用,無汲及任何商業



創作者介紹

王可樂的日語教室

王可樂 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()